SCHEDULE

nature morte -après 311-
2020.6.08-7.05
個展 STILL LIFE 1992 小松透 Toru Komatsu

個展 2020.6.08-7.05

STILL LIFE 1992

小松透 Toru Komatsu





2020.6.08~7.05 12:00~19:00


まだ学生の頃の1992年に制作した動画作品に「still life」というタイトルを付けたばかりに、
写真は静物であるという堂々巡りのトートロジー的に「still life」というものを考えるハメになった。
それは今も続く。これからも続く。死ぬまで続く。死んでからも写真は残り続けるように。

今回の展示は1990から1993年に撮影したオリジナルフィルムからプリントを制作しています。


プロフィール
小松 透 toru komatsu
1969年 宮城県生まれ。1994年 多摩美術大学芸術学科卒業。
写真家、TokyoLightroomプリンティングディレクター、RED Photo Galleryのメンバーとして活動。
1992年より「静物」をテーマに映像作品と写真作品を制作。
2016年11月 Place M出版より写真集「遠い渚 - a distant shore -」を刊行。同年、Steidl Book Award Japanにて、ファイナリストに選出。現在ドイツの出版社Steidlにて未だ写真集制作中。

Web site: http://stilllife.org Mail: info@stilllife.org

Solo Exhibisions :
"静かな生活 SHIZUKA NA SEIKATSU" (1995, Lieu Place, Tokyo)
"STILL LIFE" (2009, Place M, Tokyo)
"VARIOUS 2007-2010" (2010, M2 gallery, Tokyo)
"nature morte -aprés311-" (2011, Shinjuku NikonSalon, Tokyo)
"EVENT HIRIZON" (2012, M2 gallery, Tokyo)
"metro's" (2013, M2 gallery, TokyoLightroom, Tokyo)
"STILL ALIVE" (2014, Place M, Tokyo)
"EVENT HORIZON" (2014, Shinjuku NikonSalon, Tokyo)
"nature morte" (2015, Place M, Tokyo)
"遠い渚 - a distant shore- " (2016-2018, RED Photo Gallery, Ginza Nikon Salon, Tokyo)
"nature morte" (2018, Cue·brick, Tokyo)
"nature morte -Göttingen-" (2018, RED Photo Gallery, Tokyo)
"nature morte -Singapore-" (2019, RED Photo Gallery, Tokyo)
"STILL LIFE" (2019, RED Photo Gallery, Tokyo)
"STILL ALIVE 生命的奇蹟" (2019, 1839 Contemporary Gallery, Taipei)
"STILL LIFE" (2020, RED Photo Gallery, Tokyo)

Group Exhibisions:
"Intercambio De Miradas" PHE11 (2011, Real Sociedad Fotográfica, Madrid)
"Four weeks of Japanese Photograpers -2nd" (2011, Gallery LUX, Seoul)
"Reflection -9 Photographes' Eyes on Fukushima-" (2012, Yamatogawa-shuzo-ten, Kitakata)
"Reflection -9 ver.2 Photographes' Eyes on Fukushima-" (2013, Meijo-kan, Minamisoma)
"定点観測展 Fixed-point observation Exhibition" (2016, Toingakuen Akademiumu, Yokohama)
"Ohh! Shinjuku / Yoyogi" (2018, Space·Zero, Tokyo)
"サクタロウをアートする―解釈の快楽―" (2018, Maebashi Bungakukan, Maebashi)

ページトップへ戻る