SCHEDULE

nature morte -après 311-
2014.3.3-3.9
個展 07-13 Paris Snaps 西村 勇人 Hayato Nishimura
2014.3.24-3.30
2014.3.10-3.23
個展 STILL ALIVE 小松 透 Komatsu Toru

個展 2014.3.3-3.9

07-13 Paris Snaps

西村 勇人 Hayato Nishimura

07-13 Paris Snaps
2014.3.3-3.9 (12:00〜19:00 最終日は18:00まで)

ふと「パリ」という言葉をつぶやくと、心はすでに6000マイルを隔てた街にある。そして、メトロを乗り継ぎ、石造りのビルを巡って、エスプリに満ちた事物や人々の営みを写真に切り取ろうともがくのである。


イベント 2014.3.24-3.30

私が"M"な理由

私が”M”な理由
2014.3.24-3.30 (12:00〜19:00 最終日は18:00まで)


長谷川美祈(http://www.miki-hasegawa.com/
MOTOKI(http://kmotoki.com/
牧野美智子(http://michikomakino.wix.com/home

Miki Hasegawa, Motoki, Michiko Makino
Mのつく3名の写真作家による、各自の”M”な写真を展示します。

What’s M? Madness Monkey, Magical Marriage, Mean Message, Mistake Moment,
Modest Mother, Mystery Moon, Mock Myth, Memory Mine and More…

ゲスト展示: Masato Seto, Daido Moriyama, Masahisa Fukase (Place Mコレクションより作品各1点ずつ)

同時開催
mazell-Be!(マゼルベ) 
Place M, M2 gallery 

「写真の多様性を知ることから始めよう」という掛け声のもと本企画は始まりました。作品への取り組み方の異なる20人の作家を選出し、展示を通して多様性と作品のあり方について考えたいと思います。
タイトル「mazell-Be!(読み方:マゼルべ)」の「mazell」とは、<混ぜる>を意味し、多様な作家が集い、展示をすることで、混ざり合っていく様を表しています。
「Be」は〈在る、事が起こる、~になる〉など、複合的な意味を持つ単語ですが、本企画を通して作家が混ざり合うことにより、何かになる、何かが起こる…etcへの期待と予感を示しています。
参加作家
秋元麦踏 飯田三希子 河田幸大 木村英一郎 篠田英美 嶋村正吾 武山友子 根本真一郎 濱浦しゅう mayumi yamada 石井陽子 佐藤悦子 じえ紗友梨 鈴木達哉 なかうち佑海 中谷 源 西 沙織 MOTOKI 牧野美智子 水越まゆみ
http://www.placem.com/schedule/2014/20140324/140324.html 

関連イベント
『Photographer’s Best Vol. 1 / Masato Seto × Ryo Ohwada』
[日  程]2014年3月21日(金)から4月6日(日)11時から20時 (会期中無休)
[展示内容]瀬戸正人氏、大和田良氏による2人展
[展示場所]B GALLERY(〒160-0022 東京都新宿区新宿3-32-6 BEAMS JAPAN 6F)
[会期中イベント]2014年3月29日(土)15時~17時 アーティストトーク「瀬戸正人×大和田良」 


個展 2014.3.10-3.23

STILL ALIVE

小松 透 Komatsu Toru

STILL ALIVE
2014.3.10-3.23 (12:00〜19:00 最終日は18:00まで)

現在の福島南相馬を中心とした沿岸部の木々を撮影したシリーズの最新作

ページトップへ戻る